結婚式は和式です。リングピローも和風にするにはどうすれば良い?

和風リングピローの手作りキットも販売されています

最近では、和風のリングピローが手作りできるキットの販売が増えてきています。そのようなキットを利用するのも手ですが、せっかくの結婚式なのでキットの完成品にアレンジとして手を加えたり、オリジナルで一から作っても良いでしょう。
例えば、自分が着る和服の柄に合わせた生地で作ると調和がとれます。リングピローの上にイメージカラーである菊やダリアといった花を置いても素敵ですよね。
白無垢に合わせるのであれば、白い和風の織り柄で作るのも可愛らしいですし、その上に赤い和柄の生地や赤い縄などで、リボンなどの装飾を付けたりしても良いでしょう。指輪をはめておくリボンも赤にしたり、デザインを水引のようにするなど工夫することで、紅白のおめでたい印象が強くなります。

「升」を使うことで、さらに増す和風の厳かな印象

リングピローと言えば、枕のような形をしているのが一般的です。ただ和式の結婚式をおこなうのであれば、お祝いの席で日本酒を飲むために使われている「升」という木でできた杯にピローを入れるといった、個性的なアレンジをすることで一気に重厚感のある和の雰囲気となるので、和式の結婚式にふさわしいリングピローになります。
升にリングピローをそのまま詰めても良いですし、菊のような和風のお花で飾るのも素敵です。箱型なのでアレンジは自由自在にできますし、洋風のリングピロー同様、アレンジのしやすいものとなっています。「末広がり」という意味のある八角形の升などもあり、より縁起の良い結婚式が行なえるような、そんなリングピローとなるでしょう。

福岡の結婚式の演出にこだわるために、ゲストやウェディングプランナーなどの協力を得ながらプランを考えることが大事です。

© Copyright Ring Pillow Wedding. All Rights Reserved.